ロバートの保安日記:その1

※注

VAMOSスタッフとメンバーによる少々のおふざけが入っております。

軽い気持ちでお読みください。

やぁ、賢明なる読者諸君、オレが保安官のロバートだ。

署長から「シュビにつけ」と言われてな。

ベースボール、オッ!日本では野球か。

そう、野球の得意なオレは久々のウマイ話に喜んだ。

ロ「で、署長、場所はどこです?」

署「日本の大阪にある城東区関目だ。この5月1日にオープンしたらしい」

そうか、出来立てのスタジアムだな、ワクワクするぜ…

ところが来てみると

・・・

線路の脇、マンションの1階…???

どこでオレの華麗なる守備を…?

オレはワケが分からずすぐ署長に電話した。

ロ「署長!!どこの守備につくんですか?」

署「はぁ~!?守備じゃない就Bだ!シュウビー!

就労継続支援B型をちぢめて就Bだ!!

名前はVAMOS!!覚えとけ!!」

ロ「エッ?バモス?それは何だ…?何語ですか⁉︎」

署「スペイン語だよ。意味は、〜しようとか、〜へ行こうとかっていうことだよ!」

まったく…いきなり怒鳴られて、スマホがつぶれるかと思ったぜ…

名前は「VAMOS(バモス)」か…

覚えておこう。

さぁ、オレはこれから大阪の城東区関目にある「VAMOS」とやらで何をするんだ…

そんなわけで、これからちょくちょく登場するからな。

アバヨ!!

Sheriff Robart

ロバートの保安日記:その1” に対して1件のコメントがあります。

  1. 元気が一番 より:

    守備と就B、なんか笑えます!☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

今週の作業